偏差値30からの生物基礎まとめ

生物基礎の解説を行いながら、高校生、受験生の学習をサポートするブログです。丁寧に解説しているので学び直しや初学者にも最適です。

第1章 生物の特徴

細胞内に他の生物が共生!? 【第7回】細胞内共生説

細胞内共生説 前々回は光合成の過程を、前回は呼吸の過程を確認しました。これらの反応に関わるのは真核生物の細胞小器官である葉緑体とミトコンドリアでした。生物のエネルギーに関わるこれらの細胞小器官はどのようにして誕生したのか。その起源を考えてい…

有酸素運動で脂肪を燃焼…なぜ燃焼!? 【第6回】呼吸

呼吸 前回、エネルギーの出入りに着目して、同化の例である光合成の話をしました。今回は、異化の例である呼吸について、エネルギーの出入りに着目しながら見て行きましょう。

光合成によって地球の環境が変わった 【第5回】光合成

光合成 前々回、「代謝」の定義を確認し、化学反応には合成反応である同化と、分解反応である異化があることをお話ししました。そして同化の例として光合成、異化の例として呼吸をあげました。 植物は、光合成によって活動するためのエネルギーを得ています…

バイクのキャタライザーとコンタクトレンズを自動で洗浄してくれるやつは触媒が重要な役割を担っている 【第4回】代謝を進める酵素

酵素のはたらき 前回、「代謝」の定義を確認し、エネルギーを仲介する物質であるATPの役割について確認しました。生物の細胞の中では様々な化学反応が行われていますが、今回は、その反応をうまく進める酵素について解説します。

細胞内のモバイルバッテリー!?ATP 【第3回】生命活動を支える代謝

生命活動を支える代謝 前々回、生物には5つの特徴「細胞でできている」「DNAを遺伝情報として用いる」「代謝を行う」「子孫を残す」「体内環境を一定に保つ」があることを学びました。生き物は様々な活動をしますが、そのもとになるエネルギーはどうやって…

真核細胞と原核細胞の違い 【第2回】細胞の多様性

細胞の多様性 前回、生物には5つの特徴「細胞でできている」「DNAを遺伝情報として用いる」「代謝を行う」「子孫を残す」「体内環境を一定に保つ」があることを学びました。中でも、「すべての生物は細胞でできている」とする「細胞説」が生物の特徴の中核…

ドラえもんが生物と呼べないのはなぜ!?【第1回】生物とは何か

生物とは何か 例えばあなたが、宇宙飛行士として火星の探索に出かけたとしましょう。宇宙船の外に出ると、何やら怪しい物体がモゾモゾ動いています。特に危険もないようなので、その物体を捕まえて火星に住む生物なのかどうか調べてみることにしました。さて…